4月10日 今日もよい天気なので、いつもの林に行きました。林の中を通って草地の方に向かいます。
草地に着くと、川の方からの南風が枯れ草をゆらしています。この枯れ草のところには、ギンイチモンジセセリ と ミヤマチャバネセセリ を毎年見ることが出来ます。さわやかな風を顔に感じながら枯れ草の一帯を見ていると、ミヤマチャバネセセリ が止まりました。
ミヤマチャバネセセリは、飛び出しても元のところに戻って止まる動作を繰り返していました。

 

4月8日 いつもの林に行きました。今年初めてギンイチモンジセセリを確認した後、草地の大きく開けた場所に行きました。
ここでは、タンポポ等がたくさん咲いていました。しばらく眺めていると、ツマキチョウ が現れました。

ツマキチョウ のオスです。

ツマキチョウ のメスです。

ツマキチョウ の交尾も見ることが出来ました。

4月8日 やや強く北風が吹いていますが、いつもの林に行きました。林の中の開けた場所に、ミヤマセセリが飛んでいます。
草地の方に行くと、風が強く当たる場所に、ギンイチモンジセセリ が風を避けるように飛んでいました。
ギンイチモンジセセリを見るのは、今年初めてです。この場所の近くは、2月に枯れ草に火入れをし、一面を焼かれました。
その影響が心配でしたが、ギンイチモンジセセリを見ることが出来てよかったなと思いました。
小さなギンイチモンジセセリが、枯れ草の間をゆっくり飛ぶ様子を見ると春本番を感じます。

春型のギンイチモンジセセリは、2本の白い線がはっきりしています。

3月31日 いつもの林から、隣接するゴルフ場の南側を歩きました。
歩いていると、キタテハが飛び出して私の周りを飛びながら進みます。そして、そのキタテハが居なくなると、次のキタテハが同じようにします。もしかすると、キタテハのテリトリーに侵入した私を威嚇しているのでしょうか。
そして、蝶はキタテハのほかに、ベニシジミ が多く見られました。ベニシジミは独特の文様で、春から秋まで普通に見られますが、よく見るとうつくしい蝶だと思います。

3月31日 よい天気なので、いつもの林に行きました。土手の桜の花は、散りはじめてきました。
河川敷にショカツサイの紫色の花が群生しているところに、ツマキチョウ が飛んでいました。
ツマキチョウは、大きさとヒラヒラ飛ぶ様子から、モンシロチョウと区別が出来ます。
しかし、なかなか止まってくれず、撮影が難しい蝶です。ずいぶん長い時間待って、一瞬止まったところを撮ることが出来ました。

3月29日 いつもの林に行きました。今日の最高気温が、3月だと言うのに25.5℃となりました。今、土手の桜が満開です。
蝶を探しに草地を歩いて、家に帰るため土手を自転車で走っていると、ホソオチョウ が4~5頭ヒラヒラと飛んでいました。
ホソオチョウは、土手の下から上に向かって吹く強い南風に困っている様子です。そして、ゆっくりヒラヒラと菜の花の間を飛び続けています。しばらく様子を見ていて、やっと止まったところでシャッターを押しました。
ホソオチョウは外来種ですが、最近、ここにも毎年現れるようになりました。

ホソオチョウのオス。

ホソオチョウのメスが菜の花の蜜を吸っていました。

3月29日 今日は、よい天気なので、いつもの林に行きました。3月だと言うのに気温が高く、リックを背負っているのでよけい暑く感じます。草地には紫色のショカツサイの花も咲いていて、ツマキチョウも飛んでいますが、待っても止まってくれず撮影は出来ませんでした。
枯れ草の中を歩いていると、小さなシジミチョウが飛んでいます。ツバメシジミ でした。ツバメシジミはここで今年初めて見ました。

このツバメシジミは、通常よりとても小さく感じました。

3月27日 トラフシジミを見たくて蝶の公園に行きました。
長い時間、待ってもトラフシジミはなかなか現れませんでした。
トラフシジミが居そうなヒサカキの木を見上げていたら、ルリシジミ が現れました。
ルリシジミは、ヒサカキの花の蜜を吸っていました。

お昼前に、一度だけ トラフシジミ が現れました。

3月26日 蝶の公園で トラフシジミ が出現したと知ったので、妻と行ってみました。
昨年、トラフシジミを見つけたポイントをひと回りしていると、妻が木の中にシジミチョウが居ると、携帯で知らせてきました。
急いで行くと、2m弱位のヒサカキの木の中で、花の蜜を吸っていました。今のヒサカキの花は、強い芳香を放つので遠くに居てもわかります。トラフシジミは、木の中にもぐって花の蜜を吸ったり、葉の上に出てきたりして、とても長い時間留まってくれました。

ヒサカキの花の蜜を吸っています。

葉の上に出て来てくれました。

トラフシジミが撮りやすいポーズをしてくれるので、わくわくしました。

正面を向いてくれました。

3月24日 おだやかな天気なので、大きな公園に行きました。
小さな丘に、アセビの木とツツジの木が並んで生えているところに コツバメ が居ました。
コツバメは、最初、アセビの花で蜜を吸っていましたが、飛んで隣のツツジの葉の上に止まりました。
よく観察していると2頭いて、1頭が近づくと飛び出して占有行動をしています。
飛んでは止まる行動をしているので、撮影は容易に出来ました。
コツバメは、小さく眼がかわいい蝶だと思います。今年も、この場所で会えたので安心し、そしてうれしく思いました。

アセビの花から、ツツジの葉に止まりました。

何度も飛んでは止まる動作をしていました。