9月19日 いつもの林に行きました。林を抜けて開けた場所に着きました。ここは以前、桑畑だったようで桑の木が少し残っています。その古い桑の木はクズに全体を覆われて、木が草に飲み込まれているみたいで怖さを感じます。その高い場所でチラチラ白く飛ぶ ウラギンシジミ が居ました。ウラギンシジミ は、飛び出して周りを飛んで元のところに戻ってきました。

近くには、オスの ウラギンシジミ も居ました。

9月19日 いつもの林に行きました。草地の道を歩くと足元の近くに キタキチョウ が多く飛んでいました。その多くは、とても鮮やかな黄色でびっくりするほどでした。太陽は照っていますが、夏のような強さはありません。
さらに進むと、アカボシゴマダラと一緒に地面に集まっていました。吸水をしているように見えますが、水が溜まっているようには見えません。キタキチョウ は、この周りを飛びながら地面に降りる動作を何度も繰り返していました。

9月19日 いつもの林に行きました。草地の中で ミヤマチャバネセセリ を見つけました。今年ここで、ミヤマチャバネセセリ を見たのは4月に一度のみで、減少が気になっていました。翅は少々傷んでいますが、今年の第3化と思われる ミヤマチャバネセセリ に会えて少し安心しました。

9月19日 いつもの林に行きました。この林には、大きなエノキの木が数本あります。そのエノキの小さな実がだいだい色になってきました。木の上の方を見上げると、ゴマダラチョウやアカボシゴマダラ(外来種)が元気に飛びまわっています。
草地の方を歩いて行くと、ウラナミシジミ が居ました。見つけた ウラナミシジミ は、まだ1頭のみですが、これから多く見られることでしょう。そして、ウラナミシジミ を見ると、もう秋が来たんだなと思いました。

9月12日 いつもの林に行きました。この林の近くの草地では、ニラの花に色々な蝶がやってきます。その中で、セセリチョウと共に目立ってきているのが キタテハ です。キタテハ は、夏型と秋型では翅の形が少し違います。この時期、キタテハ の夏型と秋型が同時に見られました。

キタテハ の夏型。

キタテハ の秋型。

9月12日 いつもの林に行きました。日差しは強いですが、湿度が低いのか吹く風もさわやかに感じます。林の中のいつも歩く道に、ロープが張られスズメバチの巣があるため侵入禁止となっていました。道を迂回して草地に出ました。野生のニラの花に ヒメアカタテハ が蜜を吸っていました。ヒメアカタテハ は、このニラの群生地でしばらくの間留まっていました。