7月25日 群馬県西部にミヤマシロチョウを見に行きました。ミヤマシロチョウを撮影していると、フタスジチョウ も何度か現れました。どちらも撮りたい蝶なので迷ってしまいます。

小さな湿原の木道にも フタスジチョウ が居ました。

7月25日 M.Kさん、S.Yさんと待ち合わせて群馬県西部に ミヤマシロチョウ を見に行きました。現地に着くと ミヤマシロチョウ が飛び回っていました。そして、産卵の様子も観察できました。

産卵の様子を観察しました。

黄色い卵を沢山産んでいました。

7月22日 M.Kさん、S.Yさん、H.Mさんと待ち合わせて栃木県に オナガシジミ を探しに行きました。オニグルミの木を見て回りましたが、なかなか見つけられません。気温も高く太陽が照る中、探すのに疲れが出て来た頃、M.Kさんが下草に居る オナガシジミ を見つけてくれました。オナガシジミ は、下草からオニグルミの葉へ、更に高い葉へと移動し見えなくなりました。13時を回った頃、空に雲が湧いて来たので引き揚げることにしました。帰りの山道の峠で、どしゃぶりの雨が降って来て、早めに退散して良かったと思いました。

7月19日 長野県東部の湿原に行きました。午前中まで晴れていた天気も、流れてくる雲の塊で時々太陽が隠れます。それにしても、広く気持ちの良い湿原です。その湿原の一角で ミヤマモンキチョウ が3~4頭飛んでました。木道の上から、近づく ミヤマモンキチョウ を待ちました。

近くに交尾中の ミヤマモンキチョウ が居ました。

7月19日 群馬県西部の高原に行きました。快晴の良い天気で、陽射しは強いですが吹く風はさわやかです。広場に着くと ミヤマシロチョウ が沢山飛んでいました。午前中の今は、花に次から次に現れました。

交尾中の ミヤマシロチョウ を教えていただきました。

7月17日 昼食後、蝶を探しに峠への道を歩きました。ガードレールの外に生えているイタドリの草が、車道の方まではみ出しているところで、M.Kさんが夏型の トラフシジミ を見つけてくれました。時々通過する乗用車に注意しながらの撮影でした。

7月17日 カシワの木などが生えている森の中で メスアカミドリシジミ をM.Kさんが見つけてくれました。この メスアカミドリシジミ は、背の低い木の葉に止まり、口吻で何かを吸っているように見えます。それに集中しているようで、近づいても飛び出すことはありません。そして、飛び出してもすぐに同じところに戻ります。長い時間、皆でこの メスアカミドリシジミ をじっくり観察しました。

M.Kさんの指の上で、翅を広げてくれました。

7月17日 関東地方の梅雨明けが発表されから最初の土曜日、群馬県中部に行きました。M.Kさん、S.Yさん、H.Mさんと待ち合わせて蝶を探しました。朝の8時台に ジョウザンミドリシジミ が、卍巴飛翔をしていました。この時見た ジョウザンミドリシジミ は、3頭位で思ったより数が少ないです。そのうちの1頭を撮ることが出来ましたが、翅の損傷がやや目立ちました。