4月27日 午前中、我が家の玄関の花に アオスジアゲハ が来ていると言われて急いでカメラを用意しました。見ていると、この アオスジアゲハ は、ピンクの花より白い花で蜜を吸っています。そして、お腹がすいていたのか、繰り返しこの花に訪れていました。

4月18日 いつもの林に行きました。林の中は、ヒメウラナミジャノメが多く飛んでいます。その中で、一回り大きなジャノメチョウを見つけました。よく見ると コジャノメ でした。コジャノメ は、飛び出しても近くに止まり、しばらくそのままでいてくれるので撮るのが容易な蝶です。

4月16日 いつもの林に行きました。今、ここで沢山見られる蝶は ヒメウラナミジャノメ です。少し離れていても、ツンツンと跳ねるような飛び方で分かります。また、時にはシジミチョウ位の小さな個体も、跳ねるような飛び方で ヒメウラナミジャノメ だと分かります。

4月16日 いつもの林に行きました。林から離れた草地に ツマキチョウ が居ました。この ツマキチョウ は近くに咲く花を順番に訪れていました。今の時期、ツマキチョウ を何度も目にするので、現れた初期に比べて珍しくなくなりました。

 

 

4月16日 いつもの林に行きました。林の中を歩くと、コミスジ がゆっくりと飛んでいます。しかし、コミスジ は、近づくとすぐに飛んでしまいます。だんだん コミスジ の数も増えて来て、林の中もにぎやかになってきました。

 

4月15日 蝶の公園に行きました。広場でウスバシロチョウを待っていると、スジグロシロチョウ が来ました。遠くから見ると、ウスバシロチョウと スジグロシロチョウ の区別は難しいです。このタンポポの花に スジグロシロチョウ は、何度も訪れていました。

4月15日 蝶の公園に行きました。昼食を食べていると、H.Mさんがセセリチョウが来ていると知らせてくれました。カメラを持って見ると コチャバネセセリ でした。コチャバネセセリ は、今年になって初めて見ました。

4月15日 蝶の公園に行きました。広場に着くと ウスバシロチョウ が沢山飛んでいました。いつものように、飛び続けてなかなか止まってくれません。ミツバウツギの花も咲き始めました。飛び続ける ウスバシロチョウ が止まってくれるまで待ちました。

飛び続ける ウスバシロチョウ を待っている足元に降りてきました。

4月14日 朝、雨に濡れた我が家のベランダで アゲハ を見つけました。まだ、羽化したばかりの様で飛べません。花に移してあげると、翅を広げたまま長い時間そのままじっとしていました。ベランダでは、植木鉢に種から生えた冬ミカンでアゲハの幼虫を見ているので、ここで冬を越した蛹から羽化したに間違いありません。約1時間後に見に来ると、翅を広げた状態で同じところに居ました。翅が完全に乾いたら飛び出すことでしょう。

4月9日 いつもの林に行きました。良い天気ですが、北西の風が強く吹いています。ギンイチモンジセセリ が居る場所の枯れ草が、風で大きく揺れています。従って、小さな ギンイチモンジセセリ の飛んでいる姿は見られません。しかし、枯れ草の中をよく見ると、風を避けるように ギンイチモンジセセリ が居ました。そして、風の吹かない一段下がった窪地では、 ギンイチモンジセセリ がいつものように飛んでいました。

風があたらない窪地では、いつものように飛んでいました。