8月26日 高山蝶の ベニヒカゲ を見るため長野県東部の高原に行きました。朝着いた時の高原の草地は、露で濡れていて靴の中までびっしょりとなりました。草地にはいろいろな花が咲いていて、ベニヒカゲ やクジャクチョウ、ヒメアカタテハ、セセリチョウなどが見られました。その中で一番多く居たのは ベニヒカゲ で、メス の数が多く感じました。夏も終わりになる頃現れる ベニヒカゲ は、高山蝶で一番好きな蝶です。

8月8日 いつもお世話になっているM.Yさんから ベニヒカゲ が発生したとの情報で、長野県東部の高原に行きました。
昨日、22:08頃浅間山で小規模な噴火が観測されたので少々心配でしたが、結局何も影響はありませんでした。
朝9時過ぎ、水滴が残る広い草地を進むと、ベニヒカゲ が飛び出しました。ベニヒカゲ は、飛び出すと近くの草の中に隠れます。そして近づくと、すぐに飛んでしまいます。今日の ベニヒカゲ はとても敏感に反応していました。そして、出現の初めの頃なのに思ったより多く(10頭以上)の ベニヒカゲ のオスを見ることが出来ました。

8月27日 長野県東部の高原に、高山蝶の ベニヒカゲ を見に行きました。
ここには、思ったより沢山のベニヒカゲが飛んでいて驚きました。
そして、時期的にメスが多く見られました。
さわやかな風が、斜面の下から吹き上げてきて気持の良い高原でした。
蝶の中で一番好きなベニヒカゲを、沢山見ることができたこのポイントを教えていただいたM.Yさんに感謝して帰宅しました。

マルバダケブキの花に、集団で蜜を吸っていました。

オスのベニヒカゲも居ました。