5月6日 ギフチョウで有名な長野県北西部に行きました。ギフチョウを探しながら林道を歩いていると、サカハチチョウ(春型) が道の中程で吸水していました。
サカハチチョウは、吸水を繰り返しながら、しばらくの時間きれいな羽を見せてくれました。

サカハチチョウは、少し飛んで場所を変えて吸水を繰り返していました。

6月10日 群馬県中部の高原に行きました。もう、ヤマツツジの花が終わりかけていました。
ここでは、やっと春の蝶が出てきた感じでした。ウスバシロチョウ、ギンイチモンジセセリ、ミヤマセセリなどが飛んでいます。
その中で、咲き終わったヤマツツジの花に サカハチチョウ が居ました。

 

 

 

ギンイチモンジセセリも、ヒラヒラと草の間を元気に飛び回っていました。