7月21日 近くの大きな公園に行きました。連日、気温が37℃~38℃となるので、朝のうちに出かけました。
クヌギの木の樹液に、アカボシゴマダラ、スズメバチ、カナブンに混じって コムラサキ が居ました。
コムラサキは、樹液の出ている少ない場所をめぐって争っています。
すぐ近くをジョギングをする人が走っていますが、コムラサキたちは気にしていないようです。

5月17日 近くの大きな公園に行きました。今日は、気温が高く蒸し暑く感じます。
毎年、コムラサキ が見られる大きなヤナギの木は、冬に枝を剪定されてさっぱりしています。
そのため コムラサキ の発生が心配でしたが、ヤナギの木の上を高く飛んでいました。
近くにあるクヌギの木に、樹液が出ていないので コムラサキ は、アブラムシの分泌物を吸っているようです。
今年も ここに コムラサキ を見ることが出来て安心しました。

丸まった葉の中に居るアブラムシの分泌物を吸っているようです。

5月18日 近くの大きな公園のヤナギの木に、コムラサキ が居ました。

コムラサキは、ヤナギの木の上で飛んでいますが、なかなか下に降りてくれません。

コムラサキは、そばにあるクヌギの木の樹液に集まりますが、今年は樹液が少なく、撮影チャンスがありません。