10月28日 いつもの林に行きました。草も木々の葉も、だいぶ黄色や茶色になってきました。
草地のセンダングサに、ウラナミシジミ が、キタキチョウ、ヤマトシジミとともに止まっていました。その、キタキチョウとヤマトシジミは、お互い追い払うように飛び出しましたが、ウラナミシジミはひたすら蜜を吸っていました。
羽の表、前翅の鱗粉が鮮やかなブルーの色をしていました。

前翅の鱗粉がブルーできれいでした。

10月2日 いつもの林に行きました。毎年今頃の季節に、ウラナミシジミ が見られるので センダングサ の花を重点的に探しました。今年のセンダングサは、いつもより少ない感じです。しかも、センダングサの群生地が移動しています。約3時間かけて、林の中や土手、そして草地を回りましたが、ウラナミシジミと会えませんでした。あきらめて出発地点にもどった手前で、やっと ウラナミシジミ を見つけました。
羽は傷んでいましたが、今年も会えてほっとしました。

9月26日 午前中、いつもの林に行きました。
センダングサも、あちらこちらでたくさん咲いてきました。
そこに、ウラナミシジミ が居ました。
昨年は、この場所でウラナミシジミがたくさん見られましたが、まだ1頭を見ただけです。