4月8日 いつもの林に行きました。草地を歩いていると、小さな ツバメシジミ が足元に飛んでいました。広げた翅を見ると、メスで低温期特有の青色が広がっています。今ここでは、ヤマトシジミより ツバメシジミ の方が多く見られます。

4月2日 いつもの林に行きました。天気は良いのですが、気温はそれほど高くありません。林の周辺に現れる蝶は少ない状態です。それでも林と草地の境の林縁部で ツバメシジミ を見つけました。 ツバメシジミ は、枯れ草の上で翅を広げて暖まっているように見えました。

3月24日 いつもの林に行きました。風弱く、明るい林の中のイボタノキも芽吹いてきました。開けたところで、小さな ツバメシジミ を見つけました。この小さな ツバメシジミ は、花から花へ移っていました。

4月4日 いつもの林に行きました。曇り空の中、草原を歩きました。見渡す限り、蝶の姿が見えませんが、歩く足元からブルーのシジミチョウが飛び出しました。よく見ると ツバメシジミ でした。ここで、今年になって ツバメシジミ を見るのは初めてです。
10時半を過ぎると、小雨が降り出したので帰ることにしました。

6月18日 いつもの林に行きました。草地の中で、黒っぽいシジミチョウを見つけました。近づくと ツバメシジミ のメスだと分かりました。いつもの色と違和感があったので撮りました。

オスのブルーを遠くから見ると、昔ここで見られたミヤマシジミかも。と思ってしまいますが、近くで見るとツバメシジミでした。

3月22日 久しぶりにいつもの林に行きました。林の中に入ると、ミヤマセセリが低空で飛んでいます。しかし、飛び続けて止まる様子がありません。ミヤマセセリをあきらめて、開けた草地を歩いていると、小さな白い蝶が飛びました。よく見ると ツバメシジミ でした。それにしても、この個体はとても小さいので驚きました。気温が上がって ツバメシジミ を見ていると、汗が出る陽気となりました。

4月7日 いつもの林に行きました。草原を歩いていると、足元で小さなシジミチョウが飛びました。それを追いかけて、止まったところを見ると、ツバメシジミ でした。まだ枯れ草が残る草原には、思ったより多くの ツバメシジミ が居ました。

ツバメシジミ のメス。

ツバメシジミ のオス。

 

8月19日 朝は、気温が涼しかったので、いつもの林に行きました。
草地に出ると、あちこちからキリギリスの声が聞こえてきます。
コマツナギの薄いピンクの花が、これもあちこちに咲いています。また、ピンクのカワラナデシコも咲いています。
コマツナギが多いこの草地に、以前はミヤマシジミが居たそうですが、今は絶滅したようです。
そのミヤマシジミを探そうと、コマツナギを見て回りましたが、居たのは ツバメシジミ でした。
太陽が照って暑くなってきた草地に、ツバメシジミ は、ランダムに活発にコマツナギの周りを飛んでいました。

ツバメシジミは、このコマツナギの花の周りを飛んでいました。

6月7日 昨日、関東地方は梅雨入りしました。昨日降った雨も止んで朝から太陽が出たのでいつもの林に行きました。
林の中を歩くと、雨でぬれた草でズボンが濡れます。
林を出て開けたところに、ツバメシジミ が居ました。今、この林で目にするのは、ベニシジミとツバメシジミ位になりました。
鳥も蝶も少なくなって静かになった林ですが、太陽は強烈に照っています。