8月8日 長野県東部の高原に行きました。山から降りて来て、舗装された林道を登りました。クマザサが両側に生えているところで、ゴイシシジミ が沢山飛んでいました。この林道では、毎年 ゴイシシジミ が見られますが、今年は谷側のクマザサに多く居ました。今の時間は、午後2時過ぎ、活発にクマザサの周りを飛んでいました。

7月16日 栃木県北西部にオナガシジミを見に行きました。オニグルミの林の中の下草は、降った雨で濡れています。用意した長靴をはいてオナガシジミを探しましたが、簡単には見つかりません。
林の中の小さな川の近くで、ゴイシジミ が居る」と教えていただきました。 ゴイシシジミ は、下草にそっと止まっていました。
ゴイシシジミは、いつ見てもすっきりしたシンプルでかわいい蝶だと思います。そして、この ゴイシシジミ は、少し大きい個体のように思えました。

6月3日 埼玉県北部の低山に行きました。林道を登って行くと、小さなシジミチョウが飛んでいます。それを目で追いながらついて行くと、草の上で止まりました。良く見ると、ゴイシシジミ だと分かりました。この場所は太陽が当たらない薄暗い所です。ゴイシシジミ は、草の上で少し休んで林道の下の方へ飛んで行きました。

6月3日 埼玉県北部の低山に行きました。8時前に着くと、林道沿いの下草には アカシジミ、ウラナミアカシジミ が何頭も居ます。
しばらくすると、ミズイロオナガシジミも出てきました。林道を登って行くと、夜露が残る下草の上に ゴイシシジミ が居ました。

沢の出合いのところの木に、羽が傷ついた ウラキンシジミ が居ました。

7月20日 群馬県西部の浅間山系に行きました。朝からの曇空もさらにどんよりとしてきました。
毎年見ることができる、ゴイシシジミ を探しに林道を歩きました。そして、期待を裏切らず ゴイシシジミ を見つけました。
ゴイシシジミは、見るからに可愛らしく好きなチョウです。

ササの裏のアブラムシの分泌物を吸っています。このアブラムシは、ゴイシシジミの幼虫の餌となっています。