4月3日 新潟県中部に、今年2回目の ギフチョウ を見に行きました。駅でM.Kさん、S.Yさんと、現地でH.Mさん、M.Yさんと合流して ギフチョウ を待ちました。今日から4日前(3/30)の1回目と比べて、カタクリの花が増えたこと、まだ蕾だった山のサクラの花が沢山咲いていたこと、日陰に残っていた雪が消えていたことに驚き、急速に春が進んでいることを実感しました。肝心の ギフチョウ は、増えたとは思われません。高い気温とやや強い太陽の影響なのか ギフチョウ を待つ時間が長くなりました。それでも、ギフチョウ はカタクリの花に来てくれました。

帰りはじめた頃、山のサクラの花に来てくれました。

3月30日 新潟県中部に、ギフチョウ を見に行きました。関越トンネルを抜けると、まだ両脇に残雪が多く積っています。現地でも、日陰の場所に雪が少し残っていました。カタクリの花も咲いていますが、毎年見る一面のカタクリの風景と比べると少なく感じます。カタクリの花はこれから増えることでしょう。風もなく静かな斜面で ギフチョウ を待ちました。ギフチョウ は、すぐに現れカタクリの花に止まりました。現れた ギフチョウ は多くありませんが、同時に4頭飛んで来て、斜面を滑空します。時折太陽が隠れると、落ち葉の上で休んでいました。撮影者は、私たちのみでゆっくりと ギフチョウ を見ることができました。

3月26日 新潟県中部に、ギフチョウ を見に行きました。良い天気で、風もなく気温も高く ギフチョウ の出現には絶好の条件です。現地に着いた午前9時半過ぎには、もう ギフチョウ が飛んでいました。カタクリが群生しているところで ギフチョウ を待っていると、カタクリの花の蜜を吸いに飛んできました。この時期、花はほかにも咲いていますが、ギフチョウ はカタクリの花を好むようです。

高い木の上に留まっていました。

交尾中の ギフチョウ がいました。

 

4月6日 新潟県中部に、ギフチョウ を日帰りで見に行きました。青空の良い天気ですが、北西の風がゴーゴーと鳴っています。カタクリの咲く斜面は、風が遮られポカポカ陽気です。そのカタクリの咲く斜面で ギフチョウ を待っていると、斜面をなめるように飛んできました。今は ギフチョウ の出始めなのか、出現する頭数は多くありません。
今日は土曜日なのに、カメラで ギフチョウ を狙う人も二名と少なく、その人たちは午前中で帰られたようで、ゆっくりと撮ることが出来ました。

ギフチョウが産卵していました。卵が見えます。

サクラの花でも、蜜を吸っていました。

 

4月12日 新潟県中部に、ギフチョウ を日帰りで見に行きました。ここは、毎年訪れるところで、楽しみにしています。
しかし、今年は、家庭の事情であきらめていましたが、いつもお世話になっている方の後押しで実現しました。
カタクリの花はいつも通り咲いていますが、もう、終わりの頃の感じです。ギフチョウの方は、かなり少ない気がします。
したがって、なかなか良いシャッターチャンスはありませんでした。

産卵を見ることが出来ました。

カタクリに ギフチョウ、よく似合うと思います。