6月27日 群馬県中部の高原に行きました。まだ朝の早い時間、草が夜露で濡れています。林縁の道を歩いていると、ウラジャノメ がゆっくり飛んでいました。歩きを止めて立っていると、腕に止まりました。ウラジャノメ は、半袖を着ている私の腕の汗を吸っているのか、なかなか離れません。手にも乗り、警戒心の無い ウラジャノメ でした。

6月22日 群馬県中部の高原に行きました。林の中に入ると、クロヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲなどが飛び出します。
木々の間の太陽がそそぐ下草に、ウラジャノメ が居ました。
ウラジャノメを撮ろうとすると、暗い林の下草に逃げて行きます。しばらくじっとしていると、明るい下草の方に戻ってきました。
そして、羽を広げてくれました。